新婚旅行で人気の地域とその理由

バリ島は滞在費が非常に安いので人気

新婚旅行といえば、昔からハワイが定番でしたが、日本が平成不況に陥ってからは少し人気にかげりが出てきています。なぜなら、ハワイはとても安全で過ごしやすいのはいいのですが、その分お金はしっかりとかかってしまうからです。結婚をして新婚旅行をするカップルは年齢も若いケースが多いですから、ハワイのような物価が高い地域にはなかなか行くことが難しいのです。代わりに人気を上げてきているのが、バリ島などのハワイとは違う島になります。こうした島はハワイよりはまだまだ未開発なことが多く、滞在費が安く上げられるというメリットがあります。

若いカップルは国内で手堅く済ませることも多い

バブルの時代には新婚旅行といえば海外でしたが、今の時代は国内旅行の価値も見直され始めています。国内にもたくさんの素晴らしい旅行先があって、新婚旅行をするのにぴったりな場所もたくさんあります。国内旅行ですと、海外旅行に比べて費用は半額以下に抑えられることも多いですから、まだまだお金がない若いカップルにはいい選択となります。スケジュールの調整もしやすいですし、英語ができなくても問題がなく、新郎が新婦の前で恥をかく可能性もほとんどない点がメリットだと言えるでしょう。新婚旅行でトラブルに巻き込まれるのは避けたい場合、国内はいい選択です。

青春18きっぷで行く旅のススメ

青春18きっぷって何?

旅行でかかる交通費はいつも悩みの種です。ですが時間に余裕さえあれば交通費を安く抑えることができます。それが「青春18きっぷ」です。これはJR線の普通列車のみが5日分乗り放題になるおとくな切符のことです。注意点としてあくまでも普通列車のみ使用可能ですので、別途特急券を購入しても特急や新幹線は利用することが出来ません。ですがグリーン車や快速列車の指定席券は有効ですので、これらを購入することで多少は便利な旅を送ることが出来ます。これを活用すればたった2300円で東京から京都大阪、さらには仙台や広島まで移動することが出来ます。

青春18切符を使いこなすコツは?

青春18きっぷを使いこなすにはある程度コツが必要です。まず、東京~京都のような長距離を移動する際は何回も乗り換えをすることを余儀なくされます。18きっぷ期間は同じような旅行者が大勢いますので、着席できるかどうかが疲れを軽減させるには大きなポイントとなります。そのため、乗り換えにはどのあたりに座っていればいいか事前に調べておくと着席できる確率が上がります。また、対面乗り換えでなくホームを移動する乗り換えもありますので、にもつの持ち運びにはキャリーバッグのような引きずるタイプのものはオススメできません。リュックサックのような機動性に優れたものを用意すると良いでしょう。

日帰りでも旅館を楽しむ

旅館は泊まるだけじゃ無い

旅館やホテルというと、泊まるところとして選ぶことになるのですが、実は日帰り旅行でも利用できるお宿がたくさんあります。最近ではホテルのブッフェはもはや定番になってきていますよね。それと同じで、旅館にも日帰り観光客目当てのサービスが豊富に用意されています。

例えば先日バス旅行に行ったのですが、老舗旅館の温泉に入る事ができました。お部屋も借りれますのでそこで小休止。お昼ごはんは残念ながらバスの中でお弁当だったのですが、今度はお料理も食べてみたいです。私のように一度日帰り旅行で利用してからお宿として利用する客もいるでしょうし、宣伝効果があるんでしょうね。

豊富な旅館の日帰りサービス

ほかにも利用したことのある日帰りサービスをご紹介します。まずはお食事。お部屋で食事をすることができますので落ち着いた雰囲気の中でとってもリラックスすることができます。旬の素材をたっぷり使った懐石料理や地元の名物料理などを堪能することができます。中には女子旅向けに和スイーツのコースが用意されているところもありました。

次に観光です。旅館の中にはとても綺麗なお庭があるところもあるんですよね。そこを見学するコースもありました。ロビーに面していて小さなバーコーナーがありますので、そこで好きなドリンクがいただけます。