旅行ではウォータースライダーのあるプールに連れて行かれます。

まず旅行と言えばプールを思い出します。

旅行と言ったらまずなにを思い浮かべるでしょうか?自分はよくプールを思い出します。地元にもプールはありますが旅行ではなぜよくウォータースライダーのあるプールに連れて行かれます。地元のプールにはそれがありません。

しかしウォータースライダーは怖くて入れないのでそれを眺めながらプールでよく遊んでいます。当然ウォータースライダーを眺めている時間よりプールの水で遊んでいる時間の方が思いっきり多いのでウォータースライダーと言うよりプールになるのです。

ちなみにウォータースライダーには兄達と父がよく遊んでいます。

プールで遊んだ後は私が自分のワガママを通す番です

だから兄達や父がウォータースライダーで遊びたいから旅行の時にはウォータースライダーのあるプールに自分も連れて行かれるわけですね。

そりゃあ興味がわかないわけではありませんが滑り落ちた後に水の中に思いっきり沈むのを考えたら怖いのです。

数時間遊んだ後私は「ハンバーグ食べに行こう」とよく言って食べに行きます。我慢してプールで遊んだから夕飯くらい自分のわがままを通してよと言う感じなのです。兄達と父はウォータースライダーでかなり遊んでるので疲れて自分達はこれを食べたいという意見を言う気力も湧きません。その時の味は結構格別です。

新婚旅行で人気の地域とその理由

バリ島は滞在費が非常に安いので人気

新婚旅行といえば、昔からハワイが定番でしたが、日本が平成不況に陥ってからは少し人気にかげりが出てきています。なぜなら、ハワイはとても安全で過ごしやすいのはいいのですが、その分お金はしっかりとかかってしまうからです。結婚をして新婚旅行をするカップルは年齢も若いケースが多いですから、ハワイのような物価が高い地域にはなかなか行くことが難しいのです。代わりに人気を上げてきているのが、バリ島などのハワイとは違う島になります。こうした島はハワイよりはまだまだ未開発なことが多く、滞在費が安く上げられるというメリットがあります。

若いカップルは国内で手堅く済ませることも多い

バブルの時代には新婚旅行といえば海外でしたが、今の時代は国内旅行の価値も見直され始めています。国内にもたくさんの素晴らしい旅行先があって、新婚旅行をするのにぴったりな場所もたくさんあります。国内旅行ですと、海外旅行に比べて費用は半額以下に抑えられることも多いですから、まだまだお金がない若いカップルにはいい選択となります。スケジュールの調整もしやすいですし、英語ができなくても問題がなく、新郎が新婦の前で恥をかく可能性もほとんどない点がメリットだと言えるでしょう。新婚旅行でトラブルに巻き込まれるのは避けたい場合、国内はいい選択です。

青春18きっぷで行く旅のススメ

青春18きっぷって何?

旅行でかかる交通費はいつも悩みの種です。ですが時間に余裕さえあれば交通費を安く抑えることができます。それが「青春18きっぷ」です。これはJR線の普通列車のみが5日分乗り放題になるおとくな切符のことです。注意点としてあくまでも普通列車のみ使用可能ですので、別途特急券を購入しても特急や新幹線は利用することが出来ません。ですがグリーン車や快速列車の指定席券は有効ですので、これらを購入することで多少は便利な旅を送ることが出来ます。これを活用すればたった2300円で東京から京都大阪、さらには仙台や広島まで移動することが出来ます。

青春18切符を使いこなすコツは?

青春18きっぷを使いこなすにはある程度コツが必要です。まず、東京~京都のような長距離を移動する際は何回も乗り換えをすることを余儀なくされます。18きっぷ期間は同じような旅行者が大勢いますので、着席できるかどうかが疲れを軽減させるには大きなポイントとなります。そのため、乗り換えにはどのあたりに座っていればいいか事前に調べておくと着席できる確率が上がります。また、対面乗り換えでなくホームを移動する乗り換えもありますので、にもつの持ち運びにはキャリーバッグのような引きずるタイプのものはオススメできません。リュックサックのような機動性に優れたものを用意すると良いでしょう。