旅行先にパワースポットを選びました

パワースポットを巡るため伊勢神宮へ

旅行に出かけるなら一度は体験をしてみたかったパワースポットと思い伊勢神宮に出かけることにしました。以前にも数回行ったことはありましたが、神秘のパワーを感じながら歩いて見たくなった理由もありました。また日本にはたくさんの神様がおり、自然の中、風や土いずれにも存在しているとされていますが、中には良からぬ神様もいるようです。そんなたくさんの神様がおられる八百万神の頂点にいるのが天照大御神です。それを確かめたく祭られている神社だからこそ行きたくなりました。伊勢神宮の順番は外宮から内宮となっており、境内にお守りが売られています。

たくさんのパワースポットを感じられました

とにかく神社の数が凄くて本宮以外にも境内にもいろいろな社があります。それだけでもパワースポットを味わえることができますが、岩のパワースポットなどもあり、ちゃんと縄でしめられているんです。また大きな木は双子のように並び、倒れそうで倒れない巨木となっています。これにも縄がかけれていて、オデコをくっ付けて自然のパワーを感じることができるようでした。神社は特に綺麗で広いだけに全てを見るのに時間が凄く掛かりますが、それ以上にパワースポットを感じながらの旅行となったので、それだけでも素晴らしい体験になったと思います。

一度はやってみたいヒッチハイクの魅力

ヒッチハイクって何?

皆さんが旅行のために利用する移動手段は何がありますか?車、電車、飛行機……。さまざまな手段があると思います。その中でヒッチハイクという手段をとったことがある人はいるでしょうか?

ヒッチハイクは、たいてい道路沿いに立ち通り過ぎの車に好意でのせてもらうことを指します。ボードに○○方向と大きく書いてその方向に向かう人を待ったり、親指を立ててのせてくれる人を待つなどという方法をとることが知られています。一度で目的地に着くことはめったになく何台も車を乗り継いで到着を目指していくという形式をとることが多いです。

ヒッチハイクの魅力とは?

ヒッチハイクの魅力とは何でしょうか?

まず無料で移動できるということです。自家用車や公共交通機関を使うわけでもないので移動に関しては一円もかかることがありません。しかし、当然のことながら無料で移動できることだけがヒッチハイクの魅力ではありません。

一番の魅力は人と出会えるということでしょう。もちろん旅行先に行けば地元の人と会話することもあるでしょうが、ヒッチハイクでの会話は重要度が違います。ヒッチハイクにおいては自分が何者であるのかということを相手に説明し、ある程度の信頼を築き上げる必要があります。その分相手と仲良くなったり、思いがけない知識を得たり、お金では到底代えられないようなものを手に入れることができます。ヒッチハイクはもちろん簡単ではありませんが挑戦してみる価値は十分にあるでしょう。

旅行ではウォータースライダーのあるプールに連れて行かれます。

まず旅行と言えばプールを思い出します。

旅行と言ったらまずなにを思い浮かべるでしょうか?自分はよくプールを思い出します。地元にもプールはありますが旅行ではなぜよくウォータースライダーのあるプールに連れて行かれます。地元のプールにはそれがありません。

しかしウォータースライダーは怖くて入れないのでそれを眺めながらプールでよく遊んでいます。当然ウォータースライダーを眺めている時間よりプールの水で遊んでいる時間の方が思いっきり多いのでウォータースライダーと言うよりプールになるのです。

ちなみにウォータースライダーには兄達と父がよく遊んでいます。

プールで遊んだ後は私が自分のワガママを通す番です

だから兄達や父がウォータースライダーで遊びたいから旅行の時にはウォータースライダーのあるプールに自分も連れて行かれるわけですね。

そりゃあ興味がわかないわけではありませんが滑り落ちた後に水の中に思いっきり沈むのを考えたら怖いのです。

数時間遊んだ後私は「ハンバーグ食べに行こう」とよく言って食べに行きます。我慢してプールで遊んだから夕飯くらい自分のわがままを通してよと言う感じなのです。兄達と父はウォータースライダーでかなり遊んでるので疲れて自分達はこれを食べたいという意見を言う気力も湧きません。その時の味は結構格別です。