妊娠中の旅行で気を付けておきたいこと

休憩を取り、無理をしない

妊娠中に旅行に行く際は、こまめに休憩をすることをおすすめします。歩くことが多い旅行では、気付かないうちに疲れていたり、お腹に負担がかかったりしてしまいます。そのため長距離歩くときにはこまめに休んだり、座ったりすることをおすすめします。また見学しているときに立てっていることが多くなりますが、それも負担になるかもしれないのでできるだけ椅子に座ることをおすすめします。とにかくお腹にハリを感じたらすぐに休憩するのがいいです。楽しい旅行ですが、赤ちゃんに何かあってはいけないので十分に気を付けておくことが大切です。

ぶつかったりしないように

旅行中は普段と生活が違い、観光地などに行ったときには、たくさんの人がいることが考えられます。悪気はなくても、ほかの人がぶつかってくることが考えられます。その際に、お腹にあたったりするといけないので、人ごみを歩くときには、できるだけお腹を守るように歩きましょう。人以外でも、カバンや荷物などがあたったり、牧場など動物がいるところに行ったときには、動物にも注意しておくことが大切になります。

十分な計画を立てて、事故に会わないように対策をとり、しっかりと休憩を取りながら行うと、楽しい旅行になると思います。