海外旅行時に注意しておくべきポイントまとめ

狂犬病対策はきちんとしておくこと

日本は世界でも珍しく、国内から狂犬病を駆逐することに成功した国です。ですから、日本に住んでいるとあまり狂犬病については意識をしなくてもよくなりました。野良犬がいても気にせず餌をあげたりということが、日本ではできます。しかし、世界のほとんどの国では、まだまだ狂犬病というのは恐ろしい病気なのだということを忘れてはいけません。海外で野良犬に噛まれてしまうと、日本ではありえないような症状が出て、最悪の場合には死に至る危険性もあるのです。狂犬病対策としては、事前にワクチンを打っておくことが効果的なので、この対策を忘れないようにすべきでしょう。

むやみやたらに生水を飲まないこと

日本は上水道がきちんと整備されていて、保健所の検査もきちんとしています。ですから、たいていどこにある水でも飲むことができます。しかし、発展途上国などではろくに検査もされていない危ない水が出ている水道もあるということを覚えておかなくてはいけません。日本にいるときのようにむやみに生水を飲んでしまうと、下痢になったりすることもあるのです。飲料水はペットボトルのものを飲むなど、特別な対策が必要となります。他にも、生卵を日本と同じように食べてはいけないなど、気にすべき点はたくさんあります。健康に直結するこれらのポイントは要チェックです。