妊娠中の旅行で気を付けておきたいこと

休憩を取り、無理をしない

妊娠中に旅行に行く際は、こまめに休憩をすることをおすすめします。歩くことが多い旅行では、気付かないうちに疲れていたり、お腹に負担がかかったりしてしまいます。そのため長距離歩くときにはこまめに休んだり、座ったりすることをおすすめします。また見学しているときに立てっていることが多くなりますが、それも負担になるかもしれないのでできるだけ椅子に座ることをおすすめします。とにかくお腹にハリを感じたらすぐに休憩するのがいいです。楽しい旅行ですが、赤ちゃんに何かあってはいけないので十分に気を付けておくことが大切です。

ぶつかったりしないように

旅行中は普段と生活が違い、観光地などに行ったときには、たくさんの人がいることが考えられます。悪気はなくても、ほかの人がぶつかってくることが考えられます。その際に、お腹にあたったりするといけないので、人ごみを歩くときには、できるだけお腹を守るように歩きましょう。人以外でも、カバンや荷物などがあたったり、牧場など動物がいるところに行ったときには、動物にも注意しておくことが大切になります。

十分な計画を立てて、事故に会わないように対策をとり、しっかりと休憩を取りながら行うと、楽しい旅行になると思います。

楽しい旅行にするための大切な心得

旅行は好きな人たちと行くべし

まず、旅行を楽しいものにするためにはどうすればいいのでしょうか。知らない人と行っても、思う存分食事やレジャーを楽しめるとは考えにくいはずです。そうです、旅行はぜひとも、大好きな人たちと一緒に行くことが推奨されているのです。

友人同士でもいいですし、家族でもいいですし、恋人同士もいいでしょう。そうした人たちとさらに絆を深めあい、共通の思い出を作ることができれば、きっと旅は楽しいものになります。旅行は一種のコミュニケーションツールとしての側面もあわせ持っているのだと理解しておくといいですね。ただ、一人旅も上級者ならありかもしれません。

見知らぬ国に行くと新しい発見がある

何度も行った事がある場所に旅行をするのもいいのですが、本当に感動したいのであれば、まだ行ったことのない見知らぬ土地にいくべきでしょう。なぜなら、新しい発見があるかもしれないからです。

もちろん、慣れ親しんだ土地よりはリスクも増大しますし、面倒なことも多いはずです。しかし、その苦労が報われる可能性も大きいのです。世界にはこういった風景があったのかと感動したり、自分とは違う考えを持った現地の人たちと接することで、自分の世界がその分だけ広がります。視野の広い人間へと成長するためにも、こうした旅行経験は重要になります。

台湾旅行のお勧めグルメ

台湾は魅力的なフードがいっぱい!

私が毎回台湾旅行で一番楽しみにしているのはなんといってもご飯です。安くておいしいですし、日本人の舌に合ったものが結構多いんですよ。例えばショーロンポー。日本でも食べれるのですが、本場の方がずっと安いです。そのへんの屋台のショーロンポーが絶品級においしかったり。やっぱりちゃんとしたお店の方が美味しいですが、良い屋台を探すのもなかなか楽しいですよ。

他にもニュウロウがお勧めです。牛肉をしっかり煮込み、そこにスープと麺を入れます。台湾では定番メニューで、お店によって結構違います。牛肉がたっぷり入っているものがあれば、トマトや野菜が豊富なものもありますよ。

マンゴーカキ氷は日本でも人気に

台湾発祥で日本でも人気があるスイーツといえばカキ氷ではないでしょうか。日本のものとは違い氷が本当にふんわりしています。中でもマンゴーカキ氷は特に人気があり、日本でも専門店が登場しています。ふわふわの氷にたっぷり乗せられたマンゴー。マンゴーソースもうまみがぎっしりつまっていて、一度食べるとやみつきになってしまう美味しさですよ。

フルーツのたっぷり乗ったカキ氷は見た目も鮮やかです。私はいちごとオレンジ、パインを冷凍させたものが乗っているカキ氷のお店が大好きで、台湾に行くと毎回このお店を利用しています。

惨敗後の旅行~初めて試合内容がどうでも良くなった日~

将棋の後の旅行は楽しいです。

将棋を昔からしているのでそれの大会の遠征を時々します。大会のための旅行ですからあまり観光地を楽しむ時間はないのですが、大会が終わった後は思いっきり観光地ではしゃげます。

大会へのプレッシャーから解き放たれたからと言うのも勿論ありますし子供ですから観光地にワクワクしないわけがないのです。

ただすごく惨敗した後には観光地めぐりを楽しむ余裕がありません。悔しくてこうすれば良かったとか次の大会のことを考えるなど頭の中が将棋で一杯だから、家族に観光地巡りしないで帰ろうとか言いますし、一人で帰れるならそうもしてます。

将棋の惨敗なんかよりも

この前の大会で惨敗していまいそれこそ早く家に帰りたくなりました。でもその時は母の「まだ観光地にいて楽しみたい」と言う気持ちに負けました。とにかくこっぴどく負けたから帰りたいと強く主張していたのを除いてもその時の母は「自分一人でここに行く」とか言い出して実際に一人行動が多くて様子がおかしかったです。

俺は理由を直接母に聞きたかったのですがそう言う余裕もなく心配していたら父にこう言われました。「母さんがこうなってるのは母の初恋の人との思い出の地だよ自分が学生の頃好きな男の子とのデートコースに使っていた場所を巡っている」と。それを父がなぜ知ってるか謎でしたがそんな母の一面を聞いて、その時初めて将棋の惨敗なんかどうでも良くなりました。

旅行業界に就職するためにあれば便利な資格

語学力を証明する資格はほぼ必須

旅行業界は学生にも人気が高い業界ですから、競争はトップクラスに激しいと見ておくべきでしょう。生半可なスキルではまず相手にされませんから、基本的な部分についてはきちんと取り揃えておく必要があります。

旅行業界でまず必須となる資格が、英語や中国語などの高い能力を証明する資格です。英検であれば一級程度を持っていれば強みになることでしょう。他にも、国際的な英語能力検定でハイスコアを叩きだしておくと、他人よりかはいくぶんか有利に就職活動を進めて行けます。コミュニケーション能力も高くなくてはいけませんから、物怖じしない性格を身につけておくべきです。

旅行業務取扱管理者資格は非常に有効

国家資格である旅行業務取扱管理者の資格を取得しておくと、内定はぐんと近づくはずです。この資格は国家資格ですから、きちんとした後ろ盾のあるもので、業界内での評判もいいです。受験は誰でもすることができますから、学生のうちからでも目指すことができる点が素晴らしいです。

年に一回しか試験がありませんから、きちんと対策を立てて臨まないと、就職時には間に合わなくなることもあるため注意です。合格率はそれほど低くもないですが、全体で25%ほどなので自信がなければ専門学校に通うなりするのも一手になります。この資格があれば、業界内にもスムーズに入っていくことができます。

都心からのアクセスが良い箱根は定番旅行地

旅行の定番はいつも箱根です

定期的に旅行に行くのですが、その中でも定番はやっぱり箱根です。一番の理由は現在住んでいる東京からのアクセスが非常に良いことです。楽しく旅行をした後はまた仕事が待っているわけですが、長い時間をかけて帰ってくるとなるとどうしても疲れてしまいますよね。そのため、帰りのことも考えるとやはりアクセスは重要な問題となります。

もちろん箱根以外にも東京からアクセスの良い観光地はたくさんあります。しかし通いなれているというのもポイントかと思います。それにしっかり観光地として成り立っているので各種サービスの使い勝手も良いんですよ。

お気に入りの旅館で過ごす極上の時間

普段は旅館やホテルもばらばらなのですが、ボーナスが出たときには年に一回ほど高級旅館に泊まるようにしています。というより、ここに泊まるために普段仕事をがんばっているのかもしれません。そう思わせてくれるくらい、そこで過ごす時間は特別なんですよね。

まず、部屋にも露天風呂が付いています。あまり大浴場で入浴するのは好きではないので、部屋にお風呂が付いていて、しかも露天風呂というのはとってもうれしいですね。館内は静かで、いつもの慌しい毎日を忘れさせてくれます。料理長の作る日本料理もとってもおいしいですし、やっぱりお気に入りの旅館がひとつあると違いますね。

ニューオープンの宿は結構ねらい目!

やっぱり綺麗なお宿が一番

昔から旅行が趣味なので色々なお宿を利用しているのですが、中には結構汚いところもありました。老舗で独特の味があるお宿も多いのですが、個人的には綺麗なお宿の方が好きなんですよね。あまり掃除が好きではないので、せめて旅行している時くらいは綺麗な部屋で生活したいというのも自分の考えの一つです。

それに、なんと言っても何も考えずにゆっくり楽しみたいんですよね。綺麗なお宿は空気も綺麗ですし、とっても居心地が良いです。「あ、こんなところが老朽化している」なんて旅行中には考えたくないところ。そのため私はニューオープンのお宿が好きなんです。

綺麗なだけじゃない!ニューオープンのお宿の魅力

ニューオープンするお宿の魅力は、もちろん綺麗なだけではありません。個人的にはとてもサービスが豊富なように感じます。すでに成功しているサービスを導入してからオープンすることができるというのも新しいお宿の強みではないでしょうか。

例えば浴衣が選べるサービス。これは家内と娘が大喜びしていました。部屋も、従来であれば小さな和菓子がお茶請けとして用意されていることが多いですよね。しかし、メニューが用意されていて自分たちの好きなものを選ぶことができました。旅館ですが、なかなか上質なコーヒーとチョコレートのセットなどもあります。女性陣は甘いスイーツを楽しんでいました。